長男無事に誕生!

ご挨拶

妻よ、子よ。よく頑張ってくれた!

元気な男の子誕生

本日、3月15日(日)
朝8時24分に無事…?誕生。

というのも出産に立ち会って子供が出てきたときに首にへその緒が巻いていて産声をあげなかった。
色も青紫になってて一瞬ドキッとしましたが、先生も助産師さんも落ち着いていていたので心配なさそうだ。
へその緒をほどき、何らかの刺激を与えたのかすぐに産声をあげてくれました。

体重2,908g
身長48.2cm

助産師さん曰く、手が大きく骨太だそうな。

陣痛促進剤を使う予定だった

予定日を過ぎても出産の兆候がまるでなく13日に診察を受けたところ、この土日で陣痛が始まる可能性は0に近いと言われ、16日の夕方に入院、17日から促進剤を使って出産することになっていました。
予定日から2週間が出産のリミットであり、それ以降では母子にリスクがあるとのこと。
また、促進剤を使っても数日生まれないことがあるので使ったからと言ってその日に生まれるとは限らないという…。
親としては子供のタイミングで生ませてあげたいところでしたが、どうしたもんかと思っていたのですが、診察を受けた13日の晩に微弱ながらも陣痛らしきものが。

寝るに寝れない2日間

微弱な陣痛が始まった13日の夜。
陣痛が始まる可能性はほぼないって言われたところでこの出来事なので、そのまま本陣痛になって…と考えると寝てられないし、ウニ子も寝られず。
陣痛カウンターで測ってみると10分未満だったりするのですがどうにも痛みが弱いようでそのまま朝を迎えました。

その後も痛みを繰り返していたようですが夕方から夜にかけて痛みが強まり、しゃがみこんでしまうほどになったので病院に電話。
間隔は不定期でしたが病院に来るように指示を受け、診察の結果そのまま入院。
21時半ごろから分娩室で様子を見ましたが、生まれなさそうなので病室に移動。
氷川も陣痛が始まったら背中や腰をさすったり飲み物飲ませたりとできる限りのサポート。
ですが、流石に眠くて少し寝てしまいました。。

再び分娩室へ

6時半から7時の間くらいに分娩室に移動。
ウニ子も眠気や疲労がある中で1時間半くらいしての誕生でした。
出産ってもうすげぇ声出すものだと思っていたのですが、ウニ子はほとんど声を漏らさず頑張ってくれました。

初めての抱っこ

出産が終わり、一度山に戻って洗濯物を干したりおとうさんへ報告したりして再び病院へ。
本当はおとうさんにも見てもらいたかったのですが、武漢コロナの影響で配偶者しか面会できないのです。。
病院によっては立会い出産さえできないところもあるようですのでまだラッキーだったのかな。

ようやく会えたね。
ずっと待っていたよー♩
大きくなったら薪割ったりヤギの世話頼むよw

父子初めてのツーショット。
顔はウニ子によく似てかわいいです。
ようやくオレもおとうちゃんになったんだなとしみじみ実感です。
さて、あの山の中で育つ子供はどうなるか。
とりあえずいい意味でまともな生活はできないけど、人生一緒に楽しんでいこうね!

ウニ子やベイビーを気にかけてくれた皆様、本当にありがとうございます!
今後ともどうぞよろしくお願いします!

****************** *****************
ニコ生【山小屋氷川んち】⇒こちら 氷川爽助Twitter⇒こちら

にほんブログ村 病気ブログ 難聴・聴覚障害へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

にほんブログ村

にほんブログ村
************************************