帰ってきたどんちゃん

ヤギ

半年ぶりくらいか

ヤギ掲示板で譲渡情報をチェック

県内でオスメスを無償で引き取れる

基本的にヤギの譲渡は有償で行われることが多いのですが、稀に無償でヤギを引き取れることがあります。
今回たまたま県内で引き取り可能なヤギがいたので問い合わせてみたら、以前どんを引き取った人でして掲載されていたオスヤギはどんだった。

飼い続けられなくなってしまった飼い主さん

家族の理解がどうしても得られなくなってしまったとのことでしたが、詳しいことは聞きませんでした。
一度は引き取ったヤギですので最後まで面倒をみることが望ましいのですが、それぞれ事情があると思いますし、新たな里親を見つける為に動いてくれただけよかったのかなと。
生き物飼うのは大変だよね。

立派になったどんとそのお嫁さんを連れて帰る

こんな小さくて木漏れ日の中一緒に寝たあの頃のどんちゃん。
それがまさか…。

こんな立派になって。
この前髪、お前のじいさんであるたけしにそっくりだわ。
人懐こい性格もそのまま。
いい子に育ってくれたね。

在りし日のたけし(左)右はルゥ

こんな素敵な嫁さん(ももちゃん)もらって幸せね。
けど信号待ちで停車中、なんか揺れてるなと思ったら荷台で腰振ってた。
感動は消えた。

どんの帰還と先輩やぎへ挨拶

わちゃわちゃわちゃわちゃ。
流石に8頭いるとすげえわけ分かんねぇw
とりあえずオスとメスを分けて飼うことにしました。
どんとライトを一緒にさせていたら頭突きあいを始める。
最初はじゃれてる感じで微笑ましかったが段々ガチになってライトが流血。
急いで仕切りを作って分けましたが、確かに頭突きあいで死ぬこともあるって話にも納得だわ。。
散歩とかでない限り、オス同士は一緒にしちゃいかん。

まぁとにかくおかえり。
しばらくはゆっくり休んでここの生活に慣れてくださいな。
これからお仕事頑張ってもらいますんで( ̄ー ̄)ニヤリ

****************** *****************
ニコ生【山小屋氷川んち】⇒こちら 氷川爽助Twitter⇒こちら

にほんブログ村 病気ブログ 難聴・聴覚障害へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

にほんブログ村

にほんブログ村
************************************