台風19号 その後

災害

ようやく日常に戻りつつあります。

電気だけ生きてたのが救い

川の水が使えなくなってお風呂とかトイレが使用できなくなってしまいましたが、電気が生きていたので井戸水をポンプでくみ上げて生活していました。
食料は買いこんでいたのですが、肝心の水を用意しておらず電気が止まってしまったら井戸水も使えず大変な思いをするところでした。
次からは用意しておこう。

道路も工事が入り復旧

おとうさんと一緒に応急復旧して軽トラなら通れるようにしましたが、後日町長と副町長が視察に来てくださり、車が通れるように工事を手配してもらったおかげでものの数日で楽々山を下りられるようになりました。
本当に助かりました。ありがとうございます<(_ _)>
やっぱり機械がデカいと早い早い。
工事前はこんなんだったもん

ハンドルすげぇ回してるけど、そのくらいしないと溝にハマって抜け出せなくなるんですよね。。
運転下手なのも否定はできないが(崖から落としたくらいだし)
詳しい状況はこちらを

川の水も復旧

氷川が不在だった日のうちに、おとうさんが2本復旧。
翌日は一緒にもう1本を復旧させました。
泥水が詰まったりしましたが、今ではきれいなお水が使えます。
お風呂、トイレも使用可能に!
台風後の水の方がきれいに感じるのは気のせいかな。

写真はない…

今までは写真を撮って作業してたりしましたが、今回はないです。。
とはいえ、もしかしたら別の形でお見せできるかと思いますので、また後日。

今回の台風でラッキーだったこと

つわり中の台風じゃなくてよかった…。

これがつわり中だったらかなり大変だったと思う。
食料買いだめしたってそれが食えるかわからないし、ただでさえ具合悪くてメンタルやられてたなかでこんなことあると誰でもへこたれそうです。
今のウニ子はすっかり回復して家事や動物の世話も全般的に出来るようになりました。
おかげで大分楽になりましたが、動けるときだけ動いて無理はしないようにという約束をしています。
妊娠中の家事の分担は世間的にシビアなところがあると思いますが、氷川的には何が何でも夫がやるべきというネットにあふれる考え方は賛同できず、動けるときだけでいいからやってほしいという意見。
ウニ子にもそう伝えていてお互いがそれで納得してくれていますし、体調悪かったらすぐに言ってくれるので特に問題ないです。
ネットやテレビ、世間がどう言ってるかじゃなくて夫婦間で納得できていればそれが一番だよね。

おまけ

ウニ子が今日の朝日新聞に掲載されました♪