自力で脱出!

災害

うおおおおお!やったでええぇぇ!!

無事に脱出成功しました。

朝7時過ぎから作業を始め、16時ごろに市街地にいけるまでの道路復旧が出来ました。
もはやキーボード打つだけでも手が震えていますが、頑張って報告。

関門1:大規模土砂崩れ

まずはこちらの土砂崩れ。

2日経って水量は落ち着いていますが、まだ流れてることは流れてます。
ここはかなり深くまで道路が埋まっているので撤去することはせず、
なるべく平らにして土砂の上を走行できるようにしていきます。

参考までに土砂の埋まり具合。
ガードレールが埋まっているのが分かると思います。
こっちが谷側なので山側はもっと深いです。

そして距離なんですが、一番高いところがガードレールのあった場所。
その向こう側が1枚目の写真になります。
で、振り向いた反対側が…。

これ。
長くてマジ泣ける。

凹んでいるところに石をどんどん投入し、ブルドーザーでひたすら平らにならしていく。

第一関門クリア!

第2関門:ひび割れしたアスファルト

次はデコボコになって踏み抜きそうなアスファルトゾーン。

この辺りも最初は平らで走りやすい道だったのですが、アスファルトしたの土砂が流出し、陥没・ひび割れている状態です。
大きなうねりや、走行すると重さに耐えられず踏み抜いてしまいそうな見えない危険をビシビシ感じるところです。
写真としては地味なのであんま撮ってないのですが、ここもまた長くて大変。

ユンボで恐る恐る進んでいく。
走行して多少崩れたところはあったが、キャタピラなのですぐに抜け出して大きなへこみには石を入れて平らにしつつ先に進みます。
ひたすら怖いこのルートはあとから来たウニ子が走行できたということで…。

第2関門クリア!

第3関門:崩落&陥没した道路

これいけんのか?
って誰もが見たら思うであろう大規模な陥没。
実際氷川もそう思った。

1枚目の写真は昨日、これは今日撮ったのですが1枚目左側にあるブロックが崩れ落ちていました。
半分道路持ってかれているのはいい。
余ってる道路走ればいいんだし。
だけど川側から山側へ割れているので片側だけ走るというのはできない。

これが反対側から撮った写真。
もはや直すのに年単位かかるんじゃないかというレベル。
でも直さないと買い物やウニ子の病院も行けない、おとうさんも帰れないしオレも仕事いけない。
この辺りで雨が強くなってきますが、とにかく作業を進めます。

作業途中の写真。
崩落した箇所からある程度距離がある場所かつ、陥没が浅いところにアスファルトの破片や石を投入していく。
その後、ユンボで周囲にある土砂を乗せていきます。

完成した写真を撮り忘れたので仕上げ前の写真。
えっちらおっちら土砂を乗せて均していき、なんとか道として渡すことができました。
ユンボ、ブルドーザが通ったので軽トラも大丈夫でしょう(四駆のみ)
というわけで

第3関門クリア!

最終関門:土砂に埋もれた橋

(`・ω・) もう終わっちゃったよ。

アスファルトの陥没を直している間、おとうさんはブルドーザーで作業していましたが、こちらが向かった頃には終えてたみたいです。
意外とラスボスが弱かった的な?
その後、軽トラで実際に通れたということで…。

最終関門クリア:脱出成功‼

洗濯、食事、お風呂へ

水が使えないため、コインランドリーで洗濯・乾燥。
体力仕事でお腹空いたので食事。
その後、念願の温泉へ行ってきました。

とんかつ錦のロースかつ定食!
くぅー、たまんねぇ!
降りていく途中、横瀬駅に向かって走る電車を見て日常に帰ってこれた安堵感が溢れてきました。
台風15号で体験した出来事は忘れることはないでしょう。
リアル脱出ゲームというかリアル脱出(謎解き要素無し)な2日間でした。
これもおとうさんいないと脱出できなかったと思います(ユンボとブルドーザ全然使い方わからんかったし)
おとうさんパネェ。

とはいえ、まだ道路の状況は危険なことに変わりなく、ただの応急処置でしかないため、これ以降は行政・自治体に頼るほかありません。
あとはよろしくお願いします。

御礼

今回の被害により、多くの方々から温かく心強いお言葉をいただきました。
また、心配の声、支援物資やサポートすると言った応援もとてもうれしかったです。
本当にありがとうございます。
こんな目に遭いながらもやはり秩父横瀬町、武甲山の暮らしが大好きなのでこれからもここでの生活を続けていこうと思います。

LINE・メール等でメッセージ、コメントに返事しきれておりませんが、明日以降お返ししますのでもうしばらくお待ちください。

******************
ニコ生【山小屋氷川んち】⇒こちら 氷川爽助Twitter⇒こちら

にほんブログ村 病気ブログ 難聴・聴覚障害へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ


にほんブログ村

にほんブログ村
******************