台風被害報告【現在孤立中】

災害

ガッツリ深い爪跡残していきました

まずは全員無事です

週末ということもあり、おとうさんも秩父に来ていましたが特にケガ等もなく家屋の倒壊や浸水もなく、ヤギたちも無事でした。
しかし、今回の台風で我が家周辺は大変なことになっていました。

土砂崩れ・倒木・道路陥没

まず、我が家とおとうさんの住む山荘をつなぐ道で土砂崩れが発生しました。
昨日の晩、地鳴りのようなものを感じた直後に泥の匂いがして確認したところ完全に分断されてしまいました。

カフェから上流を歩いていくと登山道が崩れて手すりだけ宙ぶらりん状態。
この上には定住者はいませんが、ひどい状態です。
進もうと思えば進めますが、非常に危険。

登山道対岸側では倒木が発生し、電線が切断されています。
徒歩での通行も厳しい。

登山道入り口から30mほど下った先では大規模な土砂崩れ。
孤立を確信した瞬間です。

徒歩でさらに進んでいくとかなり道路が歪んでおり、陥没している状態でした。

左側が陥没しているのは分かりやすいんですが、その陥没が奥に進むにつれて右側に陥没してしまっています。
ここまでしか来れなかったのですが、さらに下の三菱マテリアルでも土砂崩れが起きておりとても通行できそうにないと判断しました。
横瀬町に状況を報告し、復旧作業をしているようですが2~3日分の備蓄等あるか確認されたのでしばらく孤立状態が続きそうです。

インフラについて

土砂崩れにより川の水を引いている水道が使えなくなっていますが、井戸水が生きています。
しかし、山荘にあるボイラーが川の水を使っているため、お湯が出ません。
お風呂に入ることができず、泥だらけになった氷川は井戸水で体洗いました…。
クソつめてぇ。

電気は現状生きていますが、土砂崩れで電柱が傾いていることからいつ停電してもおかしくない状況です。

土砂撤去作業

土砂撤去の車両が来れないため、こちらにあるユンボとブルドーザーを使って自力で開通を目指します。
まず、ブルドーザーが分断された山荘側にあるため土砂をどかしていきます。

下にも家があるため、土砂を捨てることができないので軽トラに積んで安全な場所に運びます。
粘性があり、水を含んだ泥をスコップで下すのが大変な作業です。。
ダンプがあればすごい楽だったんだが。

ブルドーザーと合流し、登山道入り口付近まで進めていきます。
休んでいる暇はありません。
現地に到着後、お互いの動きや道を作るルート等を確認して、作業しますが日が暮れてしまったので車両を置いて明日続きをやる予定です。
このままでは通勤もできないし、ウニ子のお腹の子のこともあるので少しでも早くかつ安全に道をつくっていきます。
がんばるぞ!

******************
ニコ生【山小屋氷川んち】⇒こちら 氷川爽助Twitter⇒こちら

にほんブログ村 病気ブログ 難聴・聴覚障害へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ


にほんブログ村

にほんブログ村
******************