自分で登記シリーズ-売買契約-

プログラミング

売買契約の時は売主さんの状況を確認しましょう

確認すること

売主さんが登記済証(あるいは登記識別情報)を持っているかどうか。

まぁ何もなければ売主さんは持っているはずです。
氷川の時も持っていたのでここでは特に問題ありませんでしたが、

持っていなかった場合

もし、 何らかの原因で登記済証を紛失したり失効した場合、売主さんが本当にその土地の所有者であるかという判断ができないため、その判断材料をそろえるために「事前通知」という手続きが必要になります。
詳しいことは自分がやっていないので、説明することができませんが…。
こういうパターンはそうそうないと思うので、あまり気にしなくていいんじゃないかなと思います。

補足

登記済証とは

不動産について登記が完了した際に、登記所が登記名義人に交付する書面であり、次に権利を移転したり抵当権を設定したりするときに必要となる、重要な書類です。
俗に「権利書」、「権利証」といわれるものですが、登記済証自体が不動産の権利を表しているわけではなく、登記の申請人が登記名義人本人であることを確認するための本人確認手段の一つ。

登記識別情報とは

不動産登記法改正により、「登記済証」はオンライン庁による「登記識別情報」(12桁の符号)に切り替わっています。
12桁の数字と記号の組み合わせで、登記済証に代わる新しいものです。
ものすごい乱暴に言うと、キャッシュカードの暗証番号みたいなもの。

その違いは

写しが有効かどうかということです。
登記済証は、登記完了を証する法務局の赤い印が押してあり、そのコピーは次回の登記には使用できません。
登記識別情報は、12桁の番号が合ってさえいれば、コピーでもメモでも有効です。

まとめ

不動産売買の時は売主さんが登記済証を持っているか確認すること。

****************** *****************
ニコ生【山小屋氷川んち】⇒こちら 氷川爽助Twitter⇒こちら

にほんブログ村 病気ブログ 難聴・聴覚障害へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

にほんブログ村

にほんブログ村
************************************